ヘアカラーの持ちを良くするためのコツ

はてなブックマーク
2021年09月12日

6eab1cd7ab68b2aef8bbbf714255ce1d_t

☆ヘアカラーや、アイロンなどの回数を減らすこと。

 

まず、毎回毛先まで染めていた方は2回に1回は根元の伸びた分のリタッチだけにするなどのダメージの回数を減らすことが大切です。

アイロン温度は低めに設定し、使用頻度も減らしましょう。

 

 

☆シャンプーの時はぬるま湯がおすすめ。

 

熱いお湯はキューティクルの開きが大きくなり、髪内部のカラーが外に流出しやすくなってしまいます。

 

 

☆濡れたまま放置するのは厳禁!

 

濡れている状態ではキューティクルは開いているため、この間に髪が擦れたりするとダメージや色落ちが起きてしまいます。

 

pixta_3776816_L

 

関連記事

Thumbnail
2018年09月13日
今ご使用のドライヤーで早く簡単に乾かす方法です。ドライヤーの先端に付いているアタッチメント(写真グレーの部分)を外す...
Thumbnail
2018年12月22日
こんにちは!髪の悩みのひとつ最近髪が少なくなってきたり髪が細くなってボリュームが出ないなど感じたことないですか?今日...
Thumbnail
2021年11月23日
瓢箪山商店街のセブンイレブンさん前の大きなクリスマスツリー♪サンタさんへのお願い事がたくさん書かれています♪面白い内...
Thumbnail
2022年07月31日
梅田の駅周辺の花壇にたっくさんのひまわりが♪暑さに負けずひまわりに元気いっぱい笑顔で毎日楽しく過ごしたいですね(๑>...
一覧 TOP