ヘアカラーの持ちを良くするためのコツ

はてなブックマーク
2021年09月12日

6eab1cd7ab68b2aef8bbbf714255ce1d_t

☆ヘアカラーや、アイロンなどの回数を減らすこと。

 

まず、毎回毛先まで染めていた方は2回に1回は根元の伸びた分のリタッチだけにするなどのダメージの回数を減らすことが大切です。

アイロン温度は低めに設定し、使用頻度も減らしましょう。

 

 

☆シャンプーの時はぬるま湯がおすすめ。

 

熱いお湯はキューティクルの開きが大きくなり、髪内部のカラーが外に流出しやすくなってしまいます。

 

 

☆濡れたまま放置するのは厳禁!

 

濡れている状態ではキューティクルは開いているため、この間に髪が擦れたりするとダメージや色落ちが起きてしまいます。

 

pixta_3776816_L

 

関連記事

Thumbnail
2018年07月07日
air近くのスーパーマーケットに七夕の笹と短冊が飾ってありました。子供たちの願いがいろいろ書いてありました。この前、...
Thumbnail
2019年08月24日
ボクは梅が大好物。特に白いご飯との相性は最高!食べるたびに感謝!でも、なんでこんな酸っぱいものが国民食になっているの...
Thumbnail
2018年04月05日
ウォーキングやジョギングなど、運動をする時に大事なのはドリンクです。ドリンクの選び方次第で、ダイエットの効率はより上...
Thumbnail
2020年07月30日
1、白髪の原因は?どうして白髪が生えるの?加齢などによる色素細胞の機能低下や消失が原因です色素細胞がメラニン色素を作...
一覧 TOP

カレンダー

    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031