BLOG

はてなブックマーク
2024年06月16日

450-201512190025384450

6月は雨が多いとはいえ、紫外線ダメージはデコルテにも。

 

だから首やデコルテのケアも大切です。

 

特に、紫外線ダメージは首のしわの原因になるので要注意です。

 

また、デコルテの中でも胸元は汗腺や皮脂線が多く、ニキビができやすいパーツです。

 

そのため、デコルテのニキビのリスクも増えます。

 

デコルテのケアには、ビタミンC誘導体化粧水などを使うことをオススメします。

 

はてなブックマーク
2024年06月14日

shutterstock_1303093705

「冷蔵庫で化粧品を冷やすと、ひんやりした使用感が楽しめ、角質層への浸透も高まる」と言われることがあります。

しかし実際には、化粧品を冷やすことにより、角質層への浸透力が高まるという科学的根拠はありません。
それどころか、冷蔵庫は1日の間に何度も開閉し、温度変化も起こりやすい場所であるため、化粧品の品質が劣化したり、

油分と水分が分離したりする可能性もあるのです!冷蔵庫での保管が推奨されている商品でない限りは、

直射日光が当たらない常温で化粧品を保管するようにしましょう。
また、ここ数年は、化粧品を保管するのに適した温度設定が維持でき、見た目も可愛いコスメ専用冷蔵庫も多く登場しています。

化粧品を冷やして保管したい人は、通常の冷蔵庫ではなく、コスメ専用冷蔵庫を活用するようにしてみてくださいね。

はてなブックマーク
2024年06月09日

375-4

美容に関心がある人であれば、1度は「22時~深夜2時の4時間はお肌のゴールデンタイム」という話を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

このゴールデンタイムに関して科学的根拠はなく、必ずしも22~2時の間に眠らなければいけないわけではないのです。

美肌を目指すうえで重要なのは、眠る時間ではなく、睡眠の質!特に眠り始めの3時間に深い睡眠ができたかどうかが、

肌状態にも大きく関わってくるのです。
というのも、私たちの体では、眠り始めの3時間に成長ホルモンが盛んに分泌されます。

この成長ホルモンが分泌されることにより、食事で摂取した栄養を吸収したり、細胞の修復が行われたりするのです。

言い換えれば、眠り始めの3時間が浅い睡眠(質の悪い睡眠)になってしまうと、成長ホルモンの分泌量も減り、肌や体にしっかり栄養を届けることができないのです。

また、就寝中の成長ホルモンによる体の修復には、最低でも6時間はかかると言われています。

肌にとって大切な睡眠習慣では、ベッドに入る前から入眠しやすい環境をつくり、6~7時間以上の睡眠を確保することを意識してみましょう。

 

はてなブックマーク
2024年06月08日

02

美容によいとわかっていても、水を飲むのが苦手だという方はいます。

苦手意識がある方は「毎日2L」なんて無理な目標を立てず、一旦ハードルを下げてみましょう。

まずは「朝イチの1杯」から心がけてみませんか?

 

☆軟水・硬水等の自分が飲みやすい水を探す。

☆飲みやすい温度を探す。

☆美味しい風味をプラスする。(レモン水にする。果実を加える。お茶を薄くする等)

☆いつもそばに置いておく。

☆ストローを使用する。

はてなブックマーク
2024年05月23日

4151823B-17F3-424D-9BC0-32F8306129EE

MIEUFA fragrance UV spray

 

気になる日々の紫外線から髪を守る「香る」UVケア。ヘアフレグランスとしても楽しめるマルチなアイテム。
SPF50+/PA++++で、髪にも肌にも全身に使えるスプレータイプ。
保湿効果のあるオイル成分と6種類のオーガニックハーブエキスが保湿をしながら髪や肌を守ります。

 

髪の毛・顔・全身にすべてに使用できるマルチな日焼け止め。

スプレー式でとても使いやすいので最高です。

 

店内に全種類サンプルありますのでお試しください。

 

各種 ¥1.200(税抜) NET80g

BLOG TOP