目の下のクマをフェイスマップで解剖!種類や原因、改善方法は?

はてなブックマーク
2020年12月09日

 

 

目元は皮膚が0.06㎜と薄く、肌は内臓を映す鏡といわれるように心身の状態が透けて見えます

 

肌トラブルを「体からの排泄」と捉え、老廃物が汗などと一緒に排出される時に、黒ずみやくすみに至ると言われています

 

CAEC4299-0BCE-44EF-A835-492D5C17785C

 

 

目の下のクマの種類とそれぞれの原因

 

 

目の下のクマは原因によって現れ方も異なってくる。もっとも多くできやすい5つのクマの種類とそれぞれの原因をチェック。

 

 

1. 血行や鉄分不足が影響する赤クマ

さまざまなクマの中で比較的軽いのが赤クマ。ほんのり赤みがあるクマは寝不足や眼精疲労などによる血行の悪さが原因で、血行をよくするケアで回復する。ただし貧血の可能性もあるので鉄分が不足していないかチェックしてみよう。

 

 

2. 青クマは飲み過ぎや疲れているサイン?

目の下の毛細血管が透けて見えることで生じる青クマ。一時的にできることが多く、飲み過ぎや強い疲労などにより血液内に老廃物が増えてスムーズに流れなくなっている状態。ひどくなると紫クマへと悪化してしまう。ゆっくり休養をとり、クマを定着させないように血流促進のためのアイケアを取り入れよう。

 

 

3. 青クマがひどくなると紫クマに

精製された白砂糖や薬品、化学物質、アルコールの摂りすぎにより、解毒が追いついていない状況を物語っているのが紫クマ。東洋医学的にいえば、瘀血という血液が鬱滞した状態。血行をよくするケアに加え、ジュースクレンズなどのデトックスやピュアな水を飲むなどの対策を。

 

 

4. 加齢によるたるみが原因の黒クマ

一般的には黒クマは「影クマ」と説明され、目の下のたるみによる影が原因といわれる。目が大きなハッキリした顔立ちの人に目立ちやすい。ひどくなるとアイバックといわれる状態に。フェイスマッピングでは塩分の摂りすぎによって黒ずんだクマが現れるととらえている。

 

 

5. 色素沈着の可能性もある茶クマ

目をこするなどの摩擦や紫外線による色素沈着によってできるクマで、日焼けしやすい人に生じやすい。肝斑なども絡んでいる可能性大。ゴルゴラインといわれる部分が茶色くなっている場合には、コーヒーやエナジードリンクなどのカフェインの摂りすぎの疑いも。

 

 

 

目の下のクマを改善するには?

上記のような原因を突き詰めることによって改善させる方法のほかに、日々のマッサージやメイクによるカモフラージュ、スペシャルケアを取り入れるのも一つの手です。

 

 

 

 

 

 

何気ない生活の中でもお肌はどんどん衰え、身体の不調のサインをだしています。

生活習慣を見直してみましょう。

関連記事

Thumbnail
2021年08月29日
こんにちはコロナもなかなか落ち着きませんね。マスク・手洗い・うがいも常識になった今日この頃です。ばい菌対策のひとつと...
Thumbnail
2019年06月25日
こんにちは(*^^*)先日、エアーで講習会がありました♪(v^_^)v美容界では今、一番注目されてる美髪について勉強...
Thumbnail
2019年04月02日
先日新元号『令和』の発表がありましたね。その意味は下記のようです。・人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つと...
Thumbnail
2021年10月22日
 S様より頂きました♪m(__)mもち吉とっても美味しいです(´∀`)スタッフみんなで美味しく頂きました♪いつもお気...
一覧 TOP