艶髪を作る乾かし方

はてなブックマーク
2019年05月23日

dryer

「ドライヤーは髪を傷める」とか「暑くて面倒くさいから自然乾燥で!」なんて言う声を聞くことがありますが、

とんでもない間違い。まずは髪を洗った後はドライヤーでしっかり乾かすことが大切です。

cuticle

髪の美しさやツヤを左右するとても大切な役割をしているのは、「キューティクル」。

このキューティクルという成分は髪の表面にあり、魚のウロコのように何枚も重なってできています。

しっかりとキューティクルを整えていくことが大切です。

 

ドライヤーは20センチ離して、髪をかき分けて頭皮から乾かす

まずは、タオルで髪と頭皮の水分をしっかり取ってから、ドライヤーを髪から20センチほど離し、根元から風を当てます。
髪をかき分けて、頭皮に直接風を当てながら乾かしていきましょう。頭皮や髪が熱くならないように、1カ所に長時間当てないように注意して。
また、髪を揺らすのではなく、ドライヤーを揺らすことで髪の摩擦を抑えることができます。
 
根元から毛先を乾かし、8割乾いたら冷風を当てる

次に、根元から毛先に向けて手グシをしながら乾かします。髪のキューティクルは上から下に向かってウロコのようになっているので、
上から風を当てることでキューティクルが整い、ツヤがアップします。髪が8割乾いたら、冷風に切り替えて髪を冷やし、
キューティクルを引き締めましょう。

関連記事

Thumbnail
2018年05月04日
180度の温度設定では8.4%、200度の温度設定では24.1%、髪の強度が低下してしまいます。では、この熱はどれく...
Thumbnail
2018年09月23日
水分は空腹感を和らげたり、食事の満足度を上げたり、代謝を良くするという役割があります。厚生労働省の「健康のため水を飲...
Thumbnail
2019年03月02日
三月に入りましたが、まだまだ朝晩は寒いですね。春になってきますとお洋服や髪色を変えられる方が多くなってこられます。新...
Thumbnail
2018年12月28日
こんばんは!年末は多くのお客様に来店いただき有難うございます。またご希望の日時にご予約頂けなかった皆様には大変申し訳...
一覧 TOP