夏のヘアケアで気をつける事

はてなブックマーク
2021年07月23日

 

 

毎日厳しい暑さが続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今日は夏に気を付ける三点をご紹介します。

 

⓵日傘も帽子もスプレーもなし…紫外線ケアをしない

9373e9346cddf2fe391e3ce036fe5e4f

<ケア法>
紫外線を頭部にあてないことがポイントです。

外出時は、紫外線カット99%以上の日傘や帽子で頭部を守りましょう。

帽子は、紫外線が頭部や顔に侵入するのを防ぐためにつばが広く、

また、においや熱中症対策として汗を吸収しやすくて通気性が良いタイプを選びましょう。

 

②ドライヤーは暑いから…自然乾燥で放置

200714_2_

<ケア法>
お風呂からあがるとすぐに、タオルで髪をはさんでパンパンとたたくタオルドライをして、髪の水分を吸収しましょう。

これだけでドライヤーの時間を短くして暑苦しさを回避し、またドライヤーの過剰な熱によるダメージの軽減にもなります。

 

③プールや海の後、すぐに洗わずに放置

shutterstock_697947241

<ケア法>
海やプールからあがったら、髪に付着している塩分や塩素はすぐさま、

海水浴場やプールにあるシャワーで洗い流しましょう。

 

このような小さな積み重ねが髪には大切です。

 

 

関連記事

Thumbnail
2022年01月19日
髪の毛は一見、夜の睡眠中に伸びるようなイメージがありますが実は眠っている間はほとんど伸びません。伸びる時間帯は午前1...
Thumbnail
2019年12月15日
光と音が織りなす歴史探訪の旅が楽しめる「大阪城イルミナージュ」が、今年も大阪城西の丸庭園で開催されます。“大正浪漫”...
Thumbnail
2021年09月01日
若さの象徴ともいえるニキビ。でも、意外にも大人ニキビに悩まされている人が多いのも事実。そこで、ニキビができる場所によ...
Thumbnail
2021年09月22日
当然、個人差はありますが、髪の毛は1日に0.3~0.5mm伸びます。0.5mm伸びるとして、1カ月で1.5cm、1年...
一覧 TOP