七夕♪

はてなブックマーク
2021年07月04日

97353B6F-16BB-4EEE-BA6A-00958549F800

 

 

 

 

七夕(たなばた)7月7日

毎年、7月7日は七夕。
七夕は、織姫と彦星が1年に1度だけ、天の川で会える日とされています。

※仙台や北海道など、8月7日に七夕を行うところもあります。

七夕(たなばた)に関する言い伝え

昔あるところに、神様の娘の織姫と、若者の彦星がいました。
織姫は機織りの仕事をしていて働き者。彦星は牛の世話をしているしっかり者でした。
やがて2人は結婚しました。
すると、今まで働き者だった2人は急に遊んで暮らすようになり、全く働かなくなってしまいました。
怒った神様は、2人の間に天の川を作って離してしまいました。
悲しみにくれた2人は泣き続けました。
それを見た神様は、前のようにまじめに働いたら、1年に1度だけ、2人を会わせてくれると約束しました。
それから2人は心を入れ替えて一生懸命働くようになったのです。

そして、2人は年に1度だけ天の川を渡って会うことが許されるようになり、その日が七夕とされるようになりました。

(その他にも、諸説言い伝えがあります。)

七夕に関する不思議

短冊ってなあに?

短冊とは、細長く切った紙や木のこと。
七夕には、この短冊に願い事を書いて笹に飾ります。

どうして短冊にお願い事を書くの?

昔の人が、織物の上手な織姫のように(織姫にあやかって)、「物事が上達しますように」と、お願い事をしたのが始まりだと言われています。

笹の葉に飾ると、織姫と彦星の力で願いが叶えられたり、みんなを悪いものから守ってくれるという言い伝えがあるのだそうです。

七夕飾りにはどんな意味があるの?

七夕の飾りにはいくつか種類があって、短冊に「願いごとが叶いますように(字がうまくなりますように」という意味があるように、それぞれに、「豊漁になりますように」「お金がたまりますように」「長生きできますように」など、色々な意味があるそう。
なかでも「吹き流し」は、織姫さまの織り糸を表しているともいわれていて、「織り物がうまくなりますように」という意味や、魔除けの意味があるのだそうです。

過ごし方アイディア

七夕(7月7日)、どんな過ごし方があるでしょう…?

空を見てみよう

夜、暗くなった頃に空を見上げてみよう。

星は見えるかな?
よーく目をこらしてみると、小さな星や大きな星、きらきら光ったりまたたく星が見られるかも…?

星がたくさん集まった天の川は見えるかな?
その両側に輝いているのが、織姫星と彦星。

翌日、七夕の夜に空を見上げた子どもの話を聞いてみると、子どもからの見え方や新しい発見があるかも?

 

 

 

 

 

 

関連記事

Thumbnail
2017年12月08日
毎日5分、自宅で簡単頭皮エステ年齢とともに髪の毛が昔と変わってきたように感じることはありませんか?髪が細くなりボリュ...
Thumbnail
2021年07月28日
「コスパのよさ」「ナチュラルな仕上がり」に加えて、まつげパーマの最大のメリットは「メイクの時短」が挙げられます。毎日...
Thumbnail
2019年07月02日
七月に入りやっと梅雨に入り、ジメジメと暑い季節になって参りましたね。最近ばっさり短くされる方や明るいカラーをされる方...
2018年12月09日
今週に入りグッと寒くなって参りましたね。年始に向けて皆様バタバタされていると思いますが髪のお手入れはおすみでしょうか...
一覧 TOP