美容室でなりたいヘアスタイルの伝え方

はてなブックマーク
2020年04月01日

田中カット風景

 






美容師になりたいイメージを伝えるのに、最もベストな方法は「写真」です

 

ヘアカタログや雑誌の切り抜きでもいいですし、インターネットで画像検索をし、画面を見せていただいても構いません。

 

なりたい髪型を「言葉」で伝えると、「伝言ゲーム」のように、イメージにズレが起きます。

 

例えば「軽くしてください」と伝えても、お客様がイメージする軽さと担当美容師がイメージする軽さは違います。

「少し切ってください」も「少し」というのが人によって違うので「思ったより切られた!」なんて失敗が起きやすいです。

 

よく写真を見せるのが恥ずかしいと思われる方も多いと思いますが写真以上に具体的なものはないのです。

 

決して恥ずかしいことではありません。

 

美容師側もそれが一番わかりやすくありがたいです。

 

関連記事

Thumbnail
2018年05月27日
目に紫外線が当たると、細胞がダメージを受けます。そして、その情報が脳に伝わると、肌を守るために脳が「メラニン色素を作...
Thumbnail
2018年04月05日
ウォーキングやジョギングなど、運動をする時に大事なのはドリンクです。ドリンクの選び方次第で、ダイエットの効率はより上...
Thumbnail
2019年06月26日
こんにちは(*^^*)先日、結婚式でお着物を着るとおっしゃってたお客様のセットをさせていただきました☆*:.。.o(...
Thumbnail
2019年06月25日
こんにちは(*^^*)先日、エアーで講習会がありました♪(v^_^)v美容界では今、一番注目されてる美髪について勉強...
一覧 TOP