美容室でなりたいヘアスタイルの伝え方

はてなブックマーク
2020年04月01日

田中カット風景

 






美容師になりたいイメージを伝えるのに、最もベストな方法は「写真」です

 

ヘアカタログや雑誌の切り抜きでもいいですし、インターネットで画像検索をし、画面を見せていただいても構いません。

 

なりたい髪型を「言葉」で伝えると、「伝言ゲーム」のように、イメージにズレが起きます。

 

例えば「軽くしてください」と伝えても、お客様がイメージする軽さと担当美容師がイメージする軽さは違います。

「少し切ってください」も「少し」というのが人によって違うので「思ったより切られた!」なんて失敗が起きやすいです。

 

よく写真を見せるのが恥ずかしいと思われる方も多いと思いますが写真以上に具体的なものはないのです。

 

決して恥ずかしいことではありません。

 

美容師側もそれが一番わかりやすくありがたいです。

 

関連記事

Thumbnail
2017年09月20日
こんにちは!今回はヘアスタイルで面白い記事を見つけたので紹介します。ギネス「世界一縦に長い髪型」­ //アメリカ在住...
Thumbnail
2019年09月13日
暑い夏の季節もおわりかけですね。涼しくて過ごしやすいなってきましたが夏の紫外線で髪の毛はとってもダメージしています!...
Thumbnail
2018年11月24日
スカルプ脱毛予防生薬配合ノンシリコン薄毛抜け毛育毛抜毛予防フーチェARシリーズ男性にも女性にもうれしい抜け毛防止スカ...
Thumbnail
2020年01月02日
あけましておめでとうございます旧年中は格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございました。当店は本年も、皆様によ...
一覧 TOP