ホームカラーが痛む原因のひとつ

はてなブックマーク
2019年02月07日

07CADDC3-D6C9-4837-8C67-695ABF1CD713

 

ホームカラー剤というのは基本的に内容成分は似た物で構成されているのですが薬のパワーをかなり強く設定してあるものがほとんどです。

 

髪質に合わせてプロが選ぶサロンカラーとは違って、軟毛、硬毛、剛毛、ダメージのある毛先、ダメージのない根元など、全ての髪質、部位に対して染められるようにパワーを強めにしてあります。

 

我々美容師は、
パワーが強いカラー剤が必要なのは黒髪が生えてきている根元だけの場合だと根元以外のカラー剤のパワーを弱めたり、元々染まりやすい髪であれば黒髪の根元の部分であってもパワーを弱めて入っても十分染まる事を知って居るので、全体のカラー剤のパワーを弱める判断をサロンでしたりしています。

 

髪の状態をそこまで判断出来ない美容師以外が使う用としてホームカラーは製作されているので、基本的にどの部位にも染まるように薬剤の力が強く設定してあり、それが痛みの原因になることが多々あります。

 

ヘアカラーは基本的にキューティクルを開いて→色を抜いて→色を入れていくという作業を行っていくのですが、そもそもキューティクルが開いている傷んだ部位には薬剤のパワーはそんなに必要ありません。

ホームカラーで染めるというのは過剰にパワーの強いカラー剤で染めてしまう原因となります。

 

1928B72E-C03B-4215-B9DC-6686B345DA71

 

サロンカラーは値段が高いと思いますがおススメします。

関連記事

Thumbnail
2020年09月13日
ヘアカラーを長持ちさせる為にも、まず色が抜けてしまう主な理由をご紹介します。①髪のダメージによるもの髪の毛がダメージ...
2020年03月31日
コロナウイルスで、先日志村けんさんがお亡くなりになり、とても残念に思うとともに、とても怖い病気なんだと改めて感じまし...
Thumbnail
2018年07月19日
今年の夏は熱中症で病院に運ばれる方が続出してますね。ほんとに皆さんお気を付けください。暑さがたまらんとの事ですっきり...
Thumbnail
2018年05月23日
先日の定休日の朝のTV(ちちんぷいぷい)の田村けんじが担当するコーナーで街で声をかけたおばちゃん達と旅行へ行く企画が...
一覧 TOP